hmenz除毛クリームには抑毛効果は無い、除毛頻度を減らしツルツル期間を伸ばすコツ!相性抜群抑毛ローション10選も

VIOやすね毛などの剛毛でも除毛できるhmenz除毛クリームは顔、髭以外は全身につかえる低刺激の除毛クリームです!有効成分がケラチン(たんぱく質)を分解して剛毛でも10分で除毛してくれます。

しかしあくまで除毛という名の通り、毛根にダメージを与えてムダ毛を生えにくくする脱毛効果やイソフラボンなどの女性ホルモン類似成分でムダ毛の発育を抑える抑毛効果はありません。

HMENZ除毛クリームと除毛後に使う抑毛ローションの併用で幾分かは除毛頻度を減らすことが可能になります。

石鹸を使うだけで除毛と抑毛ができる商品も出ました!

hemnz除毛クリームと抑毛ローションを使い続けている人も石鹸なのに除毛効果が思いがけず高いことと、抑毛もしっかりできる石鹸なので非常におすすめです。

hmenz除毛クリームの使用頻度と持続期間目安

使用頻度を減らすには一回で完璧な除毛をする正しい使い方

説明書にも書いてありますが、ムダ毛を始めに短くしておくことが重要になります。お風呂場で除毛すると思いますが、水が掛かると流れやすいので濡れる前に除毛することも大事な点です。

10分放置することで多少ひりひりしてくる人もいますが、これはたんぱく質が溶解される成分が肌に刺激を与えているので除毛が終わると殆どひりひりは気にならなくなります。※使用前のパッチテストは必須です。

抑毛ローション無しの場合は意外に頻度が多くなりコスパは悪い感が、、、

これはどんな除毛クリームでも言えることですが、最初の除毛完了後の肌が綺麗なだけに、剛毛がポツポツと生えてくるとものすごく気になりだします。

除毛クリームの使用は頻度的には気になりだしたころ、と考えれば、5日とか長くても10日もすれば気になるようになると思います。

ただし、初回に比べて使用量は少なくて済みます。

使用頻度が増えると肌に負担が増える可能性が大!思わぬ肌トラブルも!

除毛クリームには男性用と女性用がありますが、ケラチンを溶かす仕組みには大きな違いはありません。

hmenz除毛クリームも男性だけでなく女性にも多くの人気を得ています。

しかし、たんぱく質を溶かすという仕組みは使用頻度が増えることで肌の抵抗力、再生能力も低下させてしまいます。

除毛クリームを頻繁に使ってしまった結果、ほんの少しの股ズレなどの刺激や衣類の擦れ、あるいは紫外線による刺激で抵抗が弱った肌が過剰反応を起こして、炎症を起こして痒くなったり、メラニンが生成されて黒ずんでしまったり、ニキビが増えたなどの口コミ体験談は毎年増えています。

使用頻度を減らすということと、効果を持続させるということはムダ毛処理における最大のテーマですので注意したいものです。

hmenz除毛クリームと相性抜群の抑毛ローション10選!プチプラも

定番hmenzアフターシェイブローション

男性ならこれは必須!

プレミアムアフターシェイブローション

プレミアムアフターシェイブローション

全身につかえる!

髭剃り回数が1日2回以上の人に使ってほしい!抑毛ローションの中では圧倒的なヒット商品です。

お肌つるぴかボディジェル



女性に絶大な人気の抑毛ジェル!子供から大人まで幅広く使える@敏感肌の男性にも人気、単体で使っても気が付けば剛毛が薄く!

パイナップル豆乳ローション



剃刀での処理後、除毛クリームでの処理後に使える!整肌ローションとしても人気です。

もちろんhmenz除毛クリームとの相性もばっちり!

MONOVOヘアアフターシェーブローション



髭剃り回数やムダ毛処理回数・頻度がびっくりするぐらい減ります!おまけに肌の艶が増すのでメンズ美容に最適!

NULLアフターシェイブローション



NULLにも除毛クリームがありますが、HMENZ除毛クリームとの相性も抜群です。

Zローション



青髭対策で有名、しかし全身につかえます!剛毛を生えさせる信号を何とかという成分で押さえる画期的なローションです。

プレミアムビューティースキン



女性向けの美肌&ムダ毛処理ローションです

DOTアフターシェーブローション

剃刀負けする人にはお勧め

シーズンズアフターケアトリートメント

ムダ毛の発育を遅らせる成分配合です。HMENZ除毛クリームの後に使うとムダ毛が細くなってきました。

こめかみのイボを自宅で治す方法はある?実践してみました

こめかみや目の付近にできるイボは脂漏性角化症に代表される老人性イボです。肌の老化が原因で紫外線やメガネのフレームの反射による光毒性などによるものが特に多いと言われています。一般的には単なるイボ以外にもほくろに似た疣贅や色素沈着を起こして黒ずんでいることも特徴です。

皮膚科に行かずに自宅で治すにはヨクイニンと杏仁成分が効果的

さて、老人性イボと言われる最大の原因は皮膚の老化、これは単なる見た目だけではなく、肌の生まれ変わり・細胞の再生サイクルの老化と言い換えることができます。言うなれば我々の細胞は代謝しながら常に一定のサイクルで生まれ変わっていくものですが、老化により部分的、全体的にも代謝不全を起こすようになり様々な老化作用が顕在化してきますので、まずは代謝不全を改善することにイボ取りの目的を定めることで上手くいく場合が多いです。

実際に使って化粧品と治るまでの期間

先ほども書きましたが杏仁エキスとヨクイニンは肌の水分代謝を活性化する役割があり、ヨクイニン(ハトムギエキス)は古くからイボ取りの代表格として重宝されてきました。水いぼなどはウィルス殺菌が大事になってきますのでヨクイニンは殺菌効果が高いと思われがちですが、ヨクイニンの最大の効能は水分代謝を促進するというところにあります。老化が進んだ肌にヨクイニンを塗ることで水分代謝が活発になり残留している脂漏性角化症の角化している古い角質が徐々にですがポロポロと垢になって代謝されていきます。この段階までくればあとは根気よく続けることで遅くなっているとはいえターンオーバーが機能して徐々に新しい綺麗な肌へと生まれ変わっていきます。

実際に使った化粧品

男性用2

ちなみに完全にこめかみのイボが目立たなくなるまでに7カ月ほどかかりました。年齢と3を掛けると一回の肌再生周期が出ますので、私の場合は45ということで135日で一回生まれ変わるという計算で気長に続けています。一気になくなるのではなくて治療中も老化が進みますので徐々に徐々にという効果の体幹です。

艶つや習慣にはイボ取りの民間療法や知恵が詰まっているオールインワン化粧品

実際に使った艶つや習慣ですが、こめかみのイボだけでなく目の周りや首筋のザラザラポツポツも徐々にですがツルツルになってきています。

毎日使っているとある日びっくりするぐらい垢が出る日があるので、ヨクイニンと杏エキスがしっかり作用していることは確実です。他にも保湿成分やアロエベラといったイボ取りの知恵が詰まっていて年齢ケアの全部がついでにできてしまいます。

価格も安いので皮膚科やクリニックが気が引ける、抵抗がある人は艶つや習慣はおすすめですよ。首イボやこめかみのイボ(脂漏性角化症)稗粒腫(目の下など)といった老化による代謝不良は徐々にですが改善されてきています。

こめかみのイボを皮膚科できれいに取れる?

皮膚科では液体窒素が主流

皮膚科では液体窒素や凍結処理の治療以外にも炭酸ガスレーザーで焼くなどの方法が一般的です。しかし、もともと肌の再生機能が低いために跡が残りやすいので顔だけに注意が必要です。

保険適用で高額治療費にはなりませんが、お金が掛かっても絶対に跡が残らないように切除したいという場合は、美容クリニックなどのコールドメスで治療を希望すると跡が残りません。もちろん医師の腕にかかっていますがよく相談して治療するようにしてください。切除後は直りを浴する内服薬を処方されますので痛みが引いても油断せずにきちんと飲むことも重要になります。

液体窒素やレーザーでは絶対に跡が残るということではありませんが、時々跡が目立つ人がいますので医師の説明が必ずしも確実ということではないことも知っておきたいところです。

毎回メイクで意識して隠す必要になりますので、、、、、

結局跡を残さずきれいに治すのは民間療法がよかった、理由

皮膚科で切除したところで、どちらにしろ水分代謝を正常にさせる努力は必要になるんです。なぜならそれが老化と戦うということだからです。

イボさえ取れればいい!という考えで過ごしていても何もしなければ結局はイボや角化症はもっと早く沢山出来るようになります。

これを食い止めるのは老化を食い止めることと同じだからです。こういう結論に至ったときに私は、艶つや習慣で毎日ケアする道を選びました。

結局病院に行ったとしてもこれは必要になりますし、何よりも楽しく毎日鏡を見れるようになることも大事なことです。

美容成分や保湿成分、さらに代謝不全を治療する成分など、ピーリングとかも含めていろいろ買うよりも艶つや習慣は安くつきますし、効果の方は確実性が私にはあります。本当にいいですよ。

顔、首回り、二の腕、脇など年を取るとイボがにょきっと出てきてしまうんですね、、、、これらのどれにも通用するイボ取りクリームです!オールインワンジェル化粧品という点も大きなポイントです。

首がザラザラなのに痒くない@最も多い原因と解消方法!

首筋がザラザラ、ポツポツが気になるのに痒くないという症状の多くは、古い角質が残留して粒化してきている状態が慢性化しているケースが殆どです。

これがさらに進行すると首イボ・角質粒と言われる疣贅(イボ)になってしまいます。こうなると皮膚科や美容クリニックで液体窒素やレーザー、コールドメスなどで切除する人も多くなりますが、ザラザラだけの状態では放置してしまう人も多いのではないでしょうか。

首がザラザラで痒くないという場合はこちらを試してみてはいかがでしょうか?古い角質を剥がれやすくしてイボを予防し、ざらざらも気にならなくなります。

艶つや習慣 50代~向けLP URL1

古い角質は残留すると隆起するようにできている!

人間の皮膚の表面は網目状

年齢と共にターンオーバー(肌の生まれ変わり周期)が遅くなってくるということはよく知られていますが、もっと大きな問題は平均して肌が生まれ変わるのが難しくなるということにあります。

細かい網目状の角質のうち、極端に残留する部分と、遅いながらもある一定の周期で垢となって剥がれ落ちて新しい肌に再生される部分がそれぞれ隣り合って混在していると、どんどん残留して隆起してくる角質と、剥がれては生まれ変わる部分とがあることで、単にくすんでくるだけでなくザラザラ、イボの原因になります。

首は顔に比べてスキンケアを徹底する部位とまではいかなく、UVケアも意外と忘れがちの部位です。

さらに服の襟周りやアクセサリーが擦れて角質が乱れたり、老化と共に紫外線ダメージと外的刺激のダメージが一気に現れやすくなっています。

首周り専用スキンケアの重要性

首が急にざらざらしてきた、という人は今までのダメージの顕在化が一気に出るタイミングということを理解してください。

普通のスキンケアで保湿やUVケアをしているだけでもある程度は効果はありますが、老化と今後進んでいくダメージの顕在化はありあわせの化粧品で追いつかない程の進行スピードはあります。

エイジングケアにとって一番大事なことはスピード・即効性と感じている人も多いと思いますが、首のザラザラに関しては特にスピードは大事です。

具体的な首のざらざら解消法、3本柱

①古い角質を剥がれやすくするマイルドなピーリング

②ザラザラ、ポツポツを柔らかくして代謝させる成分を取り込む、、、これは化粧品で改善する場合のみの事ですが、ハトムギエキスや杏エキスがいいとされています。

③保湿保護ができて、角質の正常化ができる成分を取り込む、保湿に関しては実に多くの化粧品がありますので首に関しても重要視するということになります。

この3本柱は、そのまま首イボケア化粧品やポツポツケアのクリームが意識していることですので、この点に注意してザラザラケアクリームなどを選ぶと、進行スピードよりも速く改善することが出来やすいので、実感度も高くなります。

首だけにお金を掛けるのが抵抗がある、、、という場合

顔や体全体に使えるオールインワンタイプも豊富です。

ザラザラケアクリームといって売り出している化粧品は見かけませんが、角質ケアや首イボケア、ポロリクリームなどは豊富に販売されています。

一番気を付けたいことは水いぼやウイルス性のイボではないのでイボコロリや殺菌系のクリームを選ぶことのないようにしてください。

イボコロリなどは顔や首には使えませんので注意が必要です。

首イボケアクリームで美容成分が豊富なものがお勧め

化粧品ではヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ等、多くのすぐれた美容成分がありますが、ザラザラケアやイボ取りクリームは、ハトムギと杏エキスが含まれていても美容成分がかなり豊富なものも多くありますので、どうせ続けるなら顔にも使えるいいものを選びましょう。

ザラザラケアは大容量が後悔しない

意外と改善までに期間が掛かります。

イボを取るという訳ではなくてザラザラを改善するには、ターンオーバーの周期と全体のケアが必須になりますし、さらに正常な周期に戻すまでにはかなりの根気と継続も必要になります。

このことを考慮すれば、数グラムの軟膏タイプや少量クリームよりもふんだんに使えてコスト的にも苦にならない大容量のものがお勧めです。

必ず配合成分と内容量を確認して、価格比較して購入するようにすると後悔しませんよ。

艶つや習慣はザラザラケアには完成度がめちゃくちゃ高いジェルと言えるでしょう。(体験的にも言えます)

艶つや習慣 50代~向けLP URL1

首のザラザラ対策に効果があった化粧品一覧

①クリアポロン、、、、小容量でお値段はしっかり者

②ハトムギ化粧水、、、、コスパいいようで効果はあまり

③ハトムギ原液、、、、角化したイボにはいいですが、ザラザラには効果なし

④イポセラ、、、リピなし

⑤スーベ、、、高い

⑥ビューナ、ポツケアゲル、、、いいかも

⑦マモーレネッククリーム、、、、ザラザラの実感は?

⑧わらびはだ、、、、小さいけどコスパいいかも

 

オキシドールで歯の漂白@正しい方法と後悔しない予備知識!歯が溶けてもろくなるって本当?歯科医の見解!

オキシドールは過酸化水素水を3%含有する市販薬です。効果効能には傷の消毒殺菌、耳鼻咽喉の洗浄消毒、歯の洗浄というふうに歯の洗浄も可能であることが示されています。

使い方は歯の洗浄の場合は原液か2倍に希釈したオキシドールで拭く、塗ると書かれていますが、ホワイトニングは可能でしょうか?詳しく調べてみました。

過酸化水素水は歯科医のホワイトニングでも使われる

オフィスホワイトニング(歯科医でのホワイトニング)には35%以下の過酸化水素水が使われます。

ちなみに自宅用のホワイトニングには一般には過酸化尿素が使われますが、過酸化尿素も化学反応の過程で過酸化水素に成りますので濃度の違いは大きいとはいえ歯のホワイトニングには過酸化水素水が使われるということになります。

過酸化水素水が歯を白くする仕組み

歯を白くするわけではなく、過酸化水素水が化学反応を起こす過程で酸素と水になります。この過程で歯に付着しているステイン汚れと結びついて酸素を発生するため、結果的にステイン汚れが無色化されて白くなるという仕組みです。

オキシドールで歯が溶ける?

歯科医で用いる35%以下の過酸化水素水でも10分×3回といった小分けにして治療するわけですが、歯の一番外側のエナメル質と化学反応を起こす訳ではないので、歯が溶けるということは無いそうです。

市販されているオキシドールは3%の濃度ですので歯が溶けるという心配はありませんが、エナメル質を気づ付けるというリスクはどうしても無くなりません。

また、歯科医でのホワイトニングも毎日はできませんし、知覚過敏や歯に欠けがある場合、亀裂がある場合などもできません。

ちなみに妊娠中や授乳中もこの方法でのホワイトニングはできません。

オキシドールを使ったホワイトニングは体に悪い?

オキシドールそのものは目に入れる、飲む、ということをしない限り比較的安全な消毒液ですが、歯の漂白を自宅でオキシドールを使って行うときは念のため少時間、少回数から始めたほうが無難です。

市販されているオキシドールは3%と濃度が低く、一回のホワイトニングで実感できる効果は僅かですが、効果を急ぐあまり長時間付着させたままとか、口に含んだままということは避けましょう。

自宅で毎日、安全に歯の漂白ホワイトニングをする方法

前述のとおり、家庭で自宅でオキシドールを使って歯の漂白を行うことは、ある程度のリスクはある割に、肝心の効果が高いとは言えません。

歯科医で35%以上の過酸化水素水で使って歯のホワイトニングする場合でも一回では十分な効果は得られないケースもあります。

市販されているオキシドールは3%の濃度ですので、効果が実感できなくて当然と言えば当然です。

それでいて最もオキシドールを使った歯の漂白のデメリットは毎日できないという点です。これは個人の自由意思ですが、後悔したくないなら毎日は避けるべきという考えからです。

今、注目されている自宅でできて、効果も高く、安全に毎日できる歯のホワイトニングはオキシドールを使わずに光と金属の反応(光触媒)を使った歯のホワイトニング方法です。金属といっても安全性の高い金属粒子を歯磨き粉に含有しLEDによる光で光触媒効果を得るというホワイトニング方法です。

お勧めはこちら

歯科医も推奨するLEDホワイトニング

結局、自宅で一般の素人がホワイトニングを行う場合、要求されるのは安全性と毎日行えるかどうかという点です。

なぜなら、ステイン汚れと言われる着色汚れは、毎日、飲む食べるという行為により多かれ少なかれ発生することになります。

タバコのやに取りという視点だけでなく、歯を白く保つという視点で考えた場合は、どんな効果が早くて強力なホワイトニングよりも毎日行えるほどの安全性とステイン汚れの分解効果の高さの両立が不可欠です。

色素汚れはコーヒーやお茶だけではありません。野菜や果物、お肉、穀物、はっきり言ってどんな食べ物、飲み物にも色素は含まれているものの方が多いのです。毎日の歯磨きだけでは綺麗に色素が分解除去できないからこそ時間と共に歯が汚れてくるわけですので、長い目で考えれば、歯磨きしながらホワイトニングできるものや、毎日ステイン汚れを除去できる自宅でのホワイトニング方法を所持しておくことは、ずっと歯を白く保つ一番の秘訣と言えるかもしれません。

今話題のLEDを使った自宅ホワイトニングシステム一覧

DIEM

オーガニック歯磨き粉のトップブランドがLEDの自宅ホワイトニングキットを始めました!販売開始で品切れ状態です。

すこやか自慢

酸化タングステン配合で歯のステイン汚れをLEDの光触媒で白く導きます。0円スタートが可能です。

ビースマイルLED

酸化チタンとLEDの光でステイン汚れを分解します!LEDを使った光触媒型歯のホワイトニングの販売ではビースマイルが一番最初ぐらいではないでしょうか。

そういう意味では実績もあり、すでに10万個以上販売実績を持ちますのでこれから始める人にはお勧めです。

オーガニックが好きな人はDIEMといったところでしょうか。

しかしビースマイルはホワイトニング後のコーティング効果も強い為、歯に汚れが付着しにくくしてくれます。

それでもオキシドールで歯の漂白をする?

確かにオキシドールはどこの家にもあり安価で漂白効果も高いと感じます。しかし、歯のエナメル質を傷つけるリスクは払拭できず、歯茎や歯自体の損傷がある場合や、長期、長時間の使用はオキシドールを販売する製薬会社ですら推奨していません。

口に入れるならなおさらですね。

それでいて過酸化水素水の濃度は3%という低さですので、歯のホワイトニング効果がそれほど高く即効性があるわけでもありません。

極めつけは、我々の歯は、毎日ステイン汚れが付着する!ということです。それならば安全で毎日使っても安全な自宅でのホワイトニング方法を早めに手に入れておきませんか?

 

ビオプリマの最安値公式お試し価格!口コミが気になる人は是非!ヒト幹細胞美容液パック

ビオプリマは1980円でじっくりお試しできます。

ヒト幹細胞はバイオセルロースマスクでパックすることでその効果を最大限高めることができます。

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したヒト幹細胞美容液をさらに効果的に作用させることができる濃密パックがビオプリマと言えるでしょう。

ビオプリマの口コミと効果!

40代女性が美魔女と呼ばれるまで

20代に間違われるという信じられない出来事が、最近では日常になりました。

エステや高額な美容液、エイジングケアをしても満足できる効果が感じられない人はビオプリマと歯のホワイトニングだけで20歳は余裕で若く見えるようになります。

20代と40代は肌のハリが全然違う!

ビオプリマはヒト幹細胞美容液の中でも段違いの実感が得られるので続けています。ドモホルンリンクルとかライン化粧品、エイジングケアは高額で手間がかかるだけに続けるのも大変でしかも効果は薄い、、、、

ビオプリマは一箱9800円という丁度いい手ごろなお値段ですが、これめちゃくちゃコスパがいいんです。

20代と40代の歯だの何が違う?って考えた時にみずみずしさやハリ、、、という化粧品では手が及ばないことに気づいたときにヒト幹細胞という結論に至りました。

完全に水だけを使ってスキンケアは何もしない菌活をしている感覚と似ているかもしれません、、、本来の肌へと若返っていく実感が誰でも感じられると思います。

ビオプリマの口コミ!エステに行って驚かれました!

ビオプリマを2か月ほど使って、その肌の変わりように、いつも行くエステでも驚かれました。

トーンが明るくなるとか、肌理が整うとかいろいろな表現がありますが、ヒト幹細胞美容液による効果は単に若返った感が強烈です。

ヒト幹細胞化粧品はアマゾンや楽天でも販売されていますが、結局ビオプリマはバイオセルロースを用いたフェイスマスクでパックができるので圧倒的に効果や浸透力、持続が違うんですよ。

お値段もヒト幹細胞化粧品にしてはかなり安いので続けていく価値は十分です。

40代、50代の肌が15歳若返るのは99%ぐらいの確率で実現性があるんじゃないかなと思います。

友達にも勧めています。

ビオプリマを最安値でお試しする方法!

まずは一か月分1980円でお試しできます!(一箱)

もし気に入らなければ解約は簡単ですし、解約するのに支払いが発生することはありません。いわゆる定期購入の初回だけ安くて4回継続義務とかはありませんので完全なお試し価格が1980円です。

悪い口コミや嘘とかいう記事はありませんが、ヒト幹細胞化粧品は当たりはずれがあるんです、、、、私はかなり勉強しました、、、、

でも1980円で一回だけお試しできるので気持ち的には楽ですし、これを機会に本物のヒト幹細胞美容液パックをじっくりお試ししてみるのもいいと思います。

アマゾンや楽天では一箱1980円での販売は絶対にありませんので最安値は公式サイトだけですよ。

エステの回数を減らしてでもビオプリマを続けるべき

人間の肌は年齢と共に肌再生能力も低下してきます。ヒト幹細胞はそういった老化現象を研究して再生医療現場で開発された技術ですので、本来の持つ肌再生能力を引き出すだけでなく、内側から若々しい肌を再生する最も優れた方法です。

エステや高額エイジングケア化粧品の目指すものは実はこれなんですが、こっを実現するためにマッサージや低周波、ラジオ波、化粧品の保湿成分やサプリなど様々な角度から遠回りして効果を得ようとしています。

ビオプリはそういう意味では40代50代が最も手に入れたい肌を最も簡単にダイレクトに作用させることができる最新技術の化粧品と言えるでしょう。