布団のダニを安全に駆除する方法(スプレー厳禁)!

布団のダニを安全に駆除するには

集めて(誘因)ミイラ化が一番です!



 

ダニを寄せ付けないスプレーは繁殖力が驚異的なダニには無意味に近い

方法といわざるを得ません。

 

また、ダニアースなどのダニを駆除方法も

完璧に一匹も逃さず駆除することは難しく

 

布団の裏側に逃げるダニは、その生命力で

生き延びて、繁殖しますので焼け石に水です。

 

また、駆除したつもりでも、死骸が布団の繊維に残り

掃除機でお手入れしても完全に取り除くことはできず

アレルギーや咳の原因になります。

 

誘引して乾燥させてミイラ化させる方法は

単純な仕組みですが、誘引力が強力であれば

一匹残らずダニを退治することができます。

 

布団を使わないときは。いつもダニをシートに取り込んで

逃がしませんので、恐ろしい数のダニが駆除できます。

 

死骸によるアレルギーを気にする必要もなくなります。

 

以前、テレビで布団のダニを確実に駆除する方法が

紹介されていましたが、天日干しや洗濯(丸洗いでは)完全にダニを

駆除することはできず、数日で元よりも多いダニの数になっているのを見たことがあります。

 

布団乾燥機でしかも60度以上の温度で5分以上

熱を加えることでダニは駆除できましたが、毎日丸洗い&乾燥機で

お手入れということは、現実には困難だと思います。

 

ダニを誘引してミイラ化するシートなら置くだけで

お布団だけでなくソファやペットのマットなど、どこでも使えますので

手間をかけずに安全にダニを駆除することができます。

 

この

手間をかけずに、安全に

という部分が非常に大事で、簡単に継続できるため

完全にダニを駆除するには最も確実な方法として注目されています。

 

ダニが住めないお布団や

ダニが入り込めないお布団など、、、

 

今まで多くの布団、寝具が開発されましたが

最終的には、ダニは人間の皮脂や角質の匂いに釣られて

やってきますので、人が寝るいじょう、ダニを呼ぶこむことになるのは避けられないことが

その度に理解させられてきたと思います。

 

羽毛布団にしろ、シンサレートなど最初はよくても

気が付けばダニは住んでいます。

 

人が寝る以上、ダニは必ずやってきます。

 

このダニを安全に駆除するには

誘引して乾燥させる

という方法が最も確実で早い方法なのです。

 

 

 

夜、布団に入ると咳き込む方の最も確実な改善方法!

夜、お布団に入ると咳が止まらない!ムズムズが始まる方必見!

お布団に入って寝ようとするときに限って咳き込む原因と最も早くて確実な改善方法を紹介★

 

『咳き込む原因はダニなどのハウスダスト』

咳き込む原因で最も多いのがダニやダニの死骸!いわゆるハウスダストと言われるアレルゲンの中でも70%以上はお布団から舞うダニやダニの死骸を主としたハウスダストと言われています。

 

そこで、お布団に一匹もダニを通さず、綿ほこりや皮脂や垢などの散布を極力抑えることができるお布団の紹介です。➡売れてます。生地表面からのダニ通過率0%の布団。【ディーガード】公式サイトはコチラ



 

家中のハウスダストの中で、最も咳やアレルギーに影響するのがお布団!

以前、某番組の調査ではお布団から出るハウスダストがアレルゲンの90%以上を占めるとの調査報告がありました。

 

お布団は頻繁にクリーニングや天日干し、布団乾燥機や掃除機、、、、いろいろケアをしてもダニやハウスダストの撲滅は100%まではいきません。

 

毎日使うお布団は、皮膚と擦れ、角質や皮脂、垢が付着しやすく、それを餌にダニが寄ってきます。

そしてダニが集まると同時にアレルギー物質も多く運んでくるため、常にお布団は危険な状態になります。

 

しかし、ダニを一匹も通過させない布団なら、布団の表面にやってきたダニは布団の中に侵入できないため、一日一個の卵を産むダニは繁殖できないためダニがアレルゲンになるほど増えることはありません。

 

風邪かなーーーとか、布団に入ると体が温まって咳が出る、、、、

と思うのは多くの場合勘違いで、ハウスダストが一番の原因と言えるでしょう。

 

『羽毛布団は格好のダニのすみか』

羽毛布団はガチョウやアヒルといった水鳥の羽をお布団の中綿にしたものです。

羽毛のランクによって厳格にグレードが定められています。

 

しかし羽毛布団は獣臭がするため、ダニや害虫が好む匂いを発していると言えるでしょう。

いかにグレードの高い羽毛布団でもダニの嗅覚は優れていますので羽毛布団に棲んで繁殖しようとします!

 

防ダニ加工、防ダニ縫製がしてあっても、針の穴より小さいダニは簡単に侵入します。

 

一匹でも侵入してしまえば、一日に一個卵を産むダニはあっという間に増えて繁殖します。

 

ダニを一匹も通さないことが重要になるわけです。

 

さらに、ダニ退治は60度以上の温度が必要で、天日干しでは難しいと言われています!

ダニは布団の内側へ避難するからです。

 

丸洗いでもほぼダニは生きています。

 

『簡単にお手入れできる布団選びが重要』

 

布団が舞わせるハウスダストは、ダニの他に、垢や皮脂、綿ほこりや微生物の死骸です!

布団に入るときや寝返りを打つたびにこれらのハウスダストが舞い上がることになります。

 

これにより布団に入るときに限って咳き込む、、、

寝ているときに頻繁に咳が出て目が覚める、、、、

 

といった症状を毎晩繰り返すことになります。

 

ダニが住めない布団でも、簡単に丸洗いできて、メンテナンスが気軽にできる布団でなければハウスダストを毎日予防することは困難です。

 

お布団を選ぶときは、特にこの辺りも重要な要素になります!

 

羽毛や羊毛はダニが繁殖しやすく、綿はメンテナンスが難しく、暖かくない、、、

布団選びは結構難しいのはこの辺りにあります。

 

お子さんがアレルギーを持っている場合や、将来が心配な方は特に布団選びは妥協できない部分です。

 

布団次第で毎日の体調まで左右されます。

 

ダニを一匹も通さない布団は、5年保証なうえ、暖かい寝心地も羽毛にも劣らない布団ですので安心です!

 

ダニを通さない布団は、洗っても引っ張っても、使い込んでもダニを一匹も通さない作りですので5年保証です。

 

 

布団に入ると咳き込む原因の99%をカットする最高のアレルギー対策布団です!

羽毛布団より薄くて軽いのに暖かい布団が秘かなブーム!

akagoneru羽毛布団が掛け布団の王様という時代はシンサレート(高機能中綿素材)の出現で終焉を迎えました。確かに羽毛布団の最上級ランクは空気の層が保温してくれるため暖かい寝心地は得られます。

 

しかし、こちらの新世代掛け布団は羽毛の一歩上を行きます!体温を逃がさないのは当然ながら、体温と放射熱を遠赤外線で増幅して体を芯から温める新世代布団です!!➡女性の冷えは深刻な悩み!

【暖活】新発想の冷え対策はこちら

 

さらに羽毛よりも暖かく保温力が優れているのに、一般的な羽毛布団よりも薄くて軽い布団です。

 

羽毛の匂いが気になる方や、羽毛布団が分厚くて寝づらい、あるいはハウスダストやダニによるアレルギーが心配な方もおすすめのお布団です。

 

@@@@@  シンサレートとは   @@@@@

高機能中綿素材と言われる新世代素材です!

日本スキー連盟公式ユニホーム素材や世界中のアルペン協議の公式ユニホームの素材として認められた、保温性、耐久性に優れた素材です。

 

羽毛より薄いのに、羽毛より暖かい秘密は空気の層が体温を逃がさず、遠赤外線層が保温した温度を体の芯まで届ける仕組みです。

 

この新世代布団の驚きの仕組みはこちらで確認できます


 

『冷え性の改善にはシンサレート』

 

冷え性で悩む方、特に30代~40代の方は冷え性が酷くなる年齢でもあります。冷え性といえば女性に多い症状ですが、電気毛布や羽毛布団、冷え性対策グッズを試しても改善できない人が多いのではないでしょうか。

 

電気毛布は静電気&電磁波が発生するため、場合によっては自律神経が鈍くなり冷え性を悪化させる場合もあります。

湯たんぽか、寝る前に布団乾燥機で十分に布団を温めるなど、少しでも温度を稼ぐことで凌いでいる方も多いと思います。

 

しかし、シンサレートならそれらは全く不要です。

 

本来の温度調節機能を高め、使い始めて数日で末端の血管まで血流がよくなりますので、冷え性や浮腫みが嘘のように改善されたと評判です。

 

寒冷地にお住まいの方でも、湯たんぽや電気毛布、エアコンは不要で十分暖かい効果が得られるため、節電対策にもなります。

 

末端の冷え性は睡眠時に大きく影響しますが、シンサレートは体の芯から温まりますので末端の暖かさが別次元です。

 

『冷え性は実は様々な不調を引き起こします』

hiechetuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷え性は生活習慣病の中でも軽視されがちですが、実は熱エネルギーを使う自律神経が麻痺している状態ですので、同時に代謝が低下していると言われています。

 

冷え性になると代謝が低下し、代謝の低下でさらに冷えを悪化させます。

 

これらの症状を特別なことをせずに改善する秘訣は、

毎日のお布団に気を付けることです。

それにはシンサレートと遠赤外線を融合したお布団が一番おすすめです!!

 

『ダニ対策も重用』

羽毛布団はダニにはわかりやすい獣臭を放っていますのでダニが住みやすいお布団です。

 

羽毛布団に入って寝ようとすると咳き込む場合や、体が痒くなる場合はダニやダニの死骸、ハウスダストによるアレルギーです。

 

一般の布団の場合はクリーニングや乾燥機に一定時間かけないダニは死滅しません。

しかし、ダニ退治は3週間に一度は必要になるため、普通の家庭では十分なハウスダスト対策がされていない(できていない)のが実情です。

 

シンサレートは丸洗い可能で、ダニが住めない加工も施すことができますのでメンテナンスがとても楽でコストもかかりません。

 

羽毛布団よりも軽くて薄い作りなので洗うのも左程苦にはならないでしょう。

 

これからは布団もエコでハイブリッドな時代です。