ナチュールCでニキビ跡の赤み・色素沈着が消えた!リアルレビュー@即効性が別次元。

ニキビ跡・赤み(色素沈着の正体)

ニキビ跡赤み色素沈着

思春期時代、毎日のようにできるニキビを潰して掻きむしった結果、30代後半になっても顔中赤みだらけ、色素沈着だらけ、、、、そろそろレーザー治療を考えていた矢先に、別の目的で見つけたナチュールC美容液を発見。

ナチュールCの公式サイトを見る≫高濃度ビタミンC美容液ナチュールシー

特に、ニキビ跡への効能は書いていないのも当然ながら個人的にビタミンC誘導体の数倍の即効性と効果という文言にピーンと来て使用を開始しました。

ちなみにニキビ跡の赤みや色素沈着の正体は酸化物質の残留!主に酸化ヘモグロビンとメラニン色素です。

ビタミンCは壊れやすく、しかも効果が届きにくい(浸透しにくい)という性質からビタミンC誘導体が開発され、一度違う成分に変えて届けることでビタミンCに戻るという仕組みで化粧品で補っているという現状を根底から覆すインパクトのあるナチュールCが登場しました。

これは独自のレイヤーボール構造で角質層まで瞬時に届け、しかも油溶性・水溶性どちらのビタミンCをも持続的に角質層に供給するというもの。

そしてナチュールCのビタミンCは生!ピュアビタミンC!これにより酸化ヘモグロビンはあっという間に還元され、目立つ赤みや黒ずみが消えていきます。

酸化が激しいヨウ素液にピュアビタミンCを一滴入れるだけで、赤い酸化溶液があっという間に透明な液体になるという実験からも、その還元作用は注目に値します。

ヨウ素液に実験はこちら≫抗酸化ケア

ナチュールCの公式サイトやアットコスメなどの口コミサイトでもニキビ跡の赤みや色素沈着がものすごく早く改善されたという報告が少ないというか皆無なのが不思議な位です。メラニンの抑制やシミについての改善報告は多くあります。

赤みや色素沈着以外のニキビ跡(クレーター・凹凸)などへの効果は?

ピュアビタミンCが角質層で長時間とどまる!

という点がかなり味噌です!これ以外の効果はほぼ無視しても、この点だけでもすごくインパクトがあります。ビタブリッドパウダーもそうですが、ナチュールCに関して言えば角質層でとどまるという点が画期的です。

ビタミンCが留まるということはもともと皮膚に存在するアミノ酸と結合してコラーゲンやヒアルロン酸をじわじわと生成し続けるという効果が得られます。

コラーゲンとヒアルロン酸が生成され続ければ肌の古い細胞組織は新しい皮膚にとって代わり、残留するニキビ跡のクレーターや凹凸の原因は徐々に剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーが活性化されるということはほぼすべての肌トラブルは改善していきます。

しかし、クレーターや凹凸の多くは、傷跡ややけどににたコラーゲンが硬化してこびりつく瘢痕組織化しているケースも多くありますので、かなりの根気がいるか、レーザーなどを用いた治療でしか完治できないケースもあります。

それでも、今まで巷にあふれていたビタミンC誘導体化粧品やハトムギなどの肌再生促進化粧品を続けるよりかは、はるかに希望が持てるのがナチュールCです。

ナチュールCのニキビ跡全般への効果や成分の詳しい解説はこちらで確認できます≫ナチュールCのニキビ跡への効果

結局、ニキビ跡改善に必要なこと

ニキビ跡はニキビが治った直後にどのようなケアをするかが大きな分かれ目になりますが、既に長期間ニキビ跡が消えないという人は、肌質を根本から変える必要があります。

そのために多くの化粧品が販売されているわけですが、保湿とビタミンC供給は最も大事な要素で、次いで正しい洗顔、時にはピーリングです。

これは個人レベルでは中々維持実践できませんが、ナチュールCは他の化粧品との併用も可能で、普段のスキンケアにほんの少し付け加えるだけです。

しかしそのほんの少しが、ニキビ跡改善には決定的な影響を及ぼすことが多くあります。私の赤み改善もまさにそれです。

ずっと使える美容液としてお勧めです。

メラニン抑制も高く、ハイドロキノンなどでは得られない内側からの美白効果が得られます。お値打ちに続けられますので是非取り入れてみて下さい。

ナチュールシー_商品