癌を強力に予防する短鎖脂肪酸が主成分の乳酸菌サプリ『ゼリータイプ』

baio短鎖脂肪酸は癌の餌になるブドウ糖を減らした場合の代替えエネルギーとなると同時に抗酸化作用が高く癌細胞そのものを予防、萎縮・消滅させるという注目の成分です。

 

40代以降になると次第に腸内環境が乱れ、善玉、悪玉に分かれる腸内細菌のうち悪玉菌が増えることで、水溶性食物繊維を摂取しても短鎖脂肪酸の数は極端に増えるということはありません。

 

水溶性食物繊維から短鎖脂肪酸を分解生成するのは腸内に棲む乳酸菌の一部が重要な役割を担っているからです。

善玉菌の代表でもある乳酸菌が腸内で十分な量がなければ短鎖脂肪酸は増やすことはできません。

これらの理由で、ダイエットや便秘解消という理由からだけでなく、成人病予防、がん予防などを目的に腸活(ヨーグルトや乳酸菌サプリで腸内環境を整える活動)を実践する方が急激に増えています。

一般的に、短鎖脂肪酸を増やす最も効果的な方法は短鎖脂肪酸の原料となる水溶性食物繊維を多く摂取し、腸内環境を整え、乳酸菌の量を増やすことが重要になります

これは癌患者の食事療法としてそのまま用いられている手法ですが、短鎖脂肪酸は匂い、味、吸収の問題から直接摂取は難しく、乳酸菌と水溶性食物繊維を多くとるという方法で短鎖脂肪酸を増やす試みというのが一般的な方法といえます。

『短鎖脂肪酸の摂取が簡単に!』

乳酸菌サプリメントやヨーグルトを毎日食べるよりも簡単に効率よく短鎖脂肪酸を増やし、乳酸菌も同時に摂取できるゼリータイプのサプリなら、短鎖脂肪酸そのものも摂取しやすく、乳酸菌が豊富な数と種類が含まれていますので、がん予防、成人病予防、がん治療、免疫力強化に最も適した腸活が可能です。

ゼリータイプの乳酸菌➡乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス
善玉元気

 

本格的な腸活は継続することで体のエネルギーシステムの根本を替えることが可能になります。

糖質・ブドウ糖・グルコースが一般的なエネルギーシステムの原料になっている我々は、同時にがん細胞、酸化物質の餌となるエネルギーを代謝して生きていると言い換えることができますが。

 

腸内環境を改善し、短鎖脂肪酸を増やすことで、アミン・短鎖脂肪酸がブドウ糖に代わる原料として体内のエネルギーシステムを確立し、抗酸化作用を全身に巡らせることが可能になり、がん細胞・がん細胞のもとになる酸化物質が体の中で活動できなくなります。

 

そしてこの短鎖脂肪酸メインのエネルギー形態の実現は腸活の継続を実践することで可能になるわけです。

 

しかし、腸活を始めるにあたって、乳酸菌サプリメントやヨーグルトを選ぶ場合は非常に注意が必要です。

 

なぜなら乳酸菌は個人個人棲んでいる種類が違うということと、摂取する量が重要になってきます!

 

ヨーグルトの場合は多くても一パック中に100億個の乳酸菌がありますが、じつは腸活において必要な乳酸菌量は一日に2から3兆個の乳酸菌が必要と言われています。

 

又、いきたまま腸に届くか届かないかは効果が大きく作用する部分ですが、腸まで生きたまま届くと言われている乳酸菌でも実際はその人に合わない乳酸菌であるため棲めなかったり、胃酸で死滅する場合も多いそうです。

 

別に生きたままでなくても腸で乳酸菌の死骸はさらに乳酸菌を増やすという研究結果もありますが、腸活の効率面ではあまりよくありません。※ダイエットや整腸、便秘解消には十分通用する場合もありますが、、、、

 

そこで考えられたのがバイオジェニックスという手法です

これは乳酸菌を発酵エキスに変えて腸まで届ける方法ですが、この方法なら最も効率的に乳酸菌を増やし、腸壁から有効成分を吸収するのにも適しています。

 

短鎖脂肪酸も直接摂取することもでき、乳酸菌も増えますので、糖分を控えることで短鎖脂肪酸をエネルギー媒体とした体を作ることができます。

 

そして、ゼリータイプで摂取しやすい作りがしてあるので、継続しやすく、外出時でも簡単に摂取することができます!

 

この簡単に継続ができることは腸活においてかなり重要な部分になりますので、腸活サプリを選ぶときは続けられるかどうかを考慮することは腸活成功に大きく関与します。

zery

 

短鎖脂肪酸の効能効果は多くのテレビ番組でも取り上げられていますが、水溶性食物繊維の摂取を増やすことは紹介されていますが、優れ乳酸菌を増やし、継続しやすい方法はあまり紹介されていません。

 

もしこれから本格的な腸活を始める場合の参考にしてみてください。