若さを保つ秘訣!男女ともに効果が得られる簡単な方法★

若さを保つ秘訣は男女の性別にかかわらず、活性酸素をいかに抑えるか!にかかっています。

 

肌や神経細胞、脳にまで顕著に表れる老化現象の最大の原因は活性酸素だからです。

 

レスベラトロールに代表されるポリフェノールに強い抗酸化作用があるとして一時ブームになったのも活性酸素=老化を抑えるという若さを保つ目的で興味を持った人も多いと思います。

 

しかし、活性酸素に始まり、加齢臭の原因、年齢を重ねるごとに増す体の不調や気力の衰えにまつわる物質はすべて腸に依存しているといっても過言ではありません。

 

つまり、性別にかかわらず、若さを保つ簡単な方法は腸活(菌活)を正しい方法ではじめ、継続することです!

 

腸内には100兆個以上もの細菌がバランス体型を維持していますが、この腸内フローラにおける善玉菌と悪玉菌のバランスは35歳を過ぎるころから急激に悪玉菌優位の腸内環境に代わっていきます。

 

赤ん坊は人生においても最も腸内の善玉菌が多くて強い時期で、肌も気力も最も良い状態なのも腸内環境に関係しています。

 

年齢を重ねてから腸内の増えた悪玉菌を抑え、善玉菌の優位な腸内環境にすることは一般的には難しいと考えられています!

乳酸菌サプリやヨーグルトでは胃酸で乳酸菌が死滅してしまい、腸内環境を変えるまでの整腸効果は得られにくいと言われています。

 

次に、乳酸菌の数と相性の問題もあります!

有名メーカーが自慢の乳酸菌配合のヨーグルトや乳酸菌サプリを開発しても、自分にあう乳酸菌か?もともと自分の腸内で棲むことができる乳酸菌か?はひとそれぞれ異なります。

 

腸内環境を根本から変えると、若さを維持、保つ、若返り、、、などの他に、がん予防、免疫力向上、におい物質の大幅な減少、気力の充実などほぼすべての体質が変わります。

 

これほど有意義な腸活は意外と難しいのも事実です。

 

しかし、ヨーグルトを食べ続けたり、乳酸菌サプリをいくつも試したりしなくても、自分にあった乳酸菌を簡単に増やすことができる方法もあります。

 

 それは乳酸菌発酵エキスを摂取することです★

別名乳酸菌生成エキスともいわれ、生きたまま腸に届き、有効成分がさらに乳酸菌を増やし、栄養分の吸収力も上がるというスーパー乳酸菌です。

 

乳酸菌発酵エキスは80年以上前から発案され、現代ではかなり優れた乳酸菌発酵エキスが手に入ります。

テレビや雑誌で新谷博士や藤田博士も乳酸菌生成エキスの有用性は進言しています。

 

このエキスは豆乳に浸して乳酸菌を発酵させ、乳酸菌自体の抗体をあげるというものです。

 

胃酸では全く死滅せずに腸まで届きます。今一番おすすめの乳酸菌発酵エキスのサプリメントも紹介させていただきます➡乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス
善玉元気

 

ゼリータイプでポリフェノールも含まれていますが、主成分がなんと短鎖脂肪酸でできたゼリーです。

 

腸内環境が善玉菌優位になると、若さを保つことは簡単です。

もっと言えば、加齢臭やワキガ、匂いに関するトラブルはなくなります。

また、血液がサラサラになり、糖分や脂肪分の吸収を抑え速やかに排出するためメタボ改善にものすごく高い効果が見込めます。

がん予防や、成人病、さらにうつ病予防にもつながります。

更年期障害で最も多い悩みが、鬱、無気力、自律神経失調症といった精神的な問題です。

 

これは脳で生成されるセロトニンが減少するからと考えられています、しかし、腸内の環境が変われば、乳酸菌がセロトニンの前駆体を腸で生成して、血液を通じて血液関門を通過して脳に届くため、結果的にセロトニンが増えるということが実証されています。

 

若返り、アンチエイジング、若さを保つ秘訣は活性酸素にあり、そして腸活で解決できるという事実は今後さらにメジャーになっていくと思います。