糖や脂質の吸収を抑えたい方必見★乳酸菌発酵エキスサプリメント!

chek糖や脂質の吸収を抑える乳酸菌発酵エキスサプリメントがゼリータイプになりました。

 

糖分や脂質を抑える代表的な成分は水溶性食物繊維ですが、乳酸菌発酵エキスにより腸内の乳酸菌を増やすことで糖や脂質を分解し、エネルギーとして消費しやすくなりますので水溶性食物繊維を摂取するよりもスムーズに糖や脂質の吸収を抑えることができる体質を作れます。

 

乳酸菌発酵エキスは胃酸に負けないので生きたまま腸まで届き、ヨーグルトや通常の乳酸菌サプリメントを食べるより何十倍も高い効果が得られます。

乳酸菌発酵エキスサプリメントゼリー➡乳酸菌ではない、乳酸菌発酵エキス。驚きのスッキリ実感力!
善玉元気

 

乳酸菌発酵エキスで糖や脂質の吸収を抑える仕組み

乳酸菌発酵エキスは豆乳の中で発酵させた生命力の強い乳酸菌エキスです、通常の乳酸菌では胃液で死滅してしまい、腸に届くのは乳酸菌の死骸が主な成分になります。

死骸だけでも便秘改善や整腸効果はある程度期待できますが、免疫力強化や血流改善、糖や脂質の吸収を抑えるといった体質の根本改善はあまり期待できません。

 

しかし、乳酸菌発酵エキスを摂取することで、腸内フローラにおける善玉菌が急激に増え、もともと自分の腸内に棲んでいる生命力の強い乳酸菌類が増えることで恒常的に腸内環境を最高のものに維持できます。

 

腸内環境が善玉菌優位の状態が続くと、糖質や脂質を腐敗させ酸化させることなくスムーズに代謝される各種エネルギーに分解してくれますので。血液もサラサラになり必要なエネルギーを取り込めば、不要な糖や脂質は排出してくれます。

 

一般に30代後半、40代になると糖や脂質が内臓脂肪や血液中に蓄えられ、血液中の血糖濃度やコレステロール値、俗にいう中年太りなどの症状に陥りやすいのも腸内環境における悪玉菌が優位になっているからです。

 

悪玉菌は糖や脂質を酸化させ腐敗させることで悪臭(体臭)を放ち、エネルギーとしての消費を困難にし、体の中や血液中に長期間居座ろうとします。

 

腸内環境が悪いと便秘だけでなく、糖や脂質までうまく出られなくなるのです!

 

一般的な糖質、脂質を抑えるサプリメントは注意が必要!

糖や脂質の吸収を抑えるサプリメントは水溶性食物繊維を配合したものが殆どです、水溶性食物繊維は糖、脂質を包み込み、便として排出するのを助けます。

 

しかし水溶性食物繊維の過剰摂取は、糖はブドウ糖、脂質はグルコースといった我々に不可欠のエネルギー源を奪うと同時にミネラルや鉄分、微量金属類などといった生命維持に必要な栄養素も便として排出する性質があることも忘れてはなりません。

糖や脂質を危惧するあまり食物繊維の過剰摂取は骨粗しょう症やうつ病などの大きな原因にもつながります!

 

乳酸菌発酵エキスはそれらのサプリメントに比べてプラス要因しかありませんので毎日安心して続けることができます。

 

乳酸菌発酵エキス、短鎖脂肪酸、ポリフェノールが一つのゼリーで毎日摂取できます。

さらに詳しくはこちらをご確認ください。



 

 

若さを保つ秘訣!男女ともに効果が得られる簡単な方法★

若さを保つ秘訣は男女の性別にかかわらず、活性酸素をいかに抑えるか!にかかっています。

 

肌や神経細胞、脳にまで顕著に表れる老化現象の最大の原因は活性酸素だからです。

 

レスベラトロールに代表されるポリフェノールに強い抗酸化作用があるとして一時ブームになったのも活性酸素=老化を抑えるという若さを保つ目的で興味を持った人も多いと思います。

 

しかし、活性酸素に始まり、加齢臭の原因、年齢を重ねるごとに増す体の不調や気力の衰えにまつわる物質はすべて腸に依存しているといっても過言ではありません。

 

つまり、性別にかかわらず、若さを保つ簡単な方法は腸活(菌活)を正しい方法ではじめ、継続することです!

 

腸内には100兆個以上もの細菌がバランス体型を維持していますが、この腸内フローラにおける善玉菌と悪玉菌のバランスは35歳を過ぎるころから急激に悪玉菌優位の腸内環境に代わっていきます。

 

赤ん坊は人生においても最も腸内の善玉菌が多くて強い時期で、肌も気力も最も良い状態なのも腸内環境に関係しています。

 

年齢を重ねてから腸内の増えた悪玉菌を抑え、善玉菌の優位な腸内環境にすることは一般的には難しいと考えられています!

乳酸菌サプリやヨーグルトでは胃酸で乳酸菌が死滅してしまい、腸内環境を変えるまでの整腸効果は得られにくいと言われています。

 

次に、乳酸菌の数と相性の問題もあります!

有名メーカーが自慢の乳酸菌配合のヨーグルトや乳酸菌サプリを開発しても、自分にあう乳酸菌か?もともと自分の腸内で棲むことができる乳酸菌か?はひとそれぞれ異なります。

 

腸内環境を根本から変えると、若さを維持、保つ、若返り、、、などの他に、がん予防、免疫力向上、におい物質の大幅な減少、気力の充実などほぼすべての体質が変わります。

 

これほど有意義な腸活は意外と難しいのも事実です。

 

しかし、ヨーグルトを食べ続けたり、乳酸菌サプリをいくつも試したりしなくても、自分にあった乳酸菌を簡単に増やすことができる方法もあります。

 

 それは乳酸菌発酵エキスを摂取することです★

別名乳酸菌生成エキスともいわれ、生きたまま腸に届き、有効成分がさらに乳酸菌を増やし、栄養分の吸収力も上がるというスーパー乳酸菌です。

 

乳酸菌発酵エキスは80年以上前から発案され、現代ではかなり優れた乳酸菌発酵エキスが手に入ります。

テレビや雑誌で新谷博士や藤田博士も乳酸菌生成エキスの有用性は進言しています。

 

このエキスは豆乳に浸して乳酸菌を発酵させ、乳酸菌自体の抗体をあげるというものです。

 

胃酸では全く死滅せずに腸まで届きます。今一番おすすめの乳酸菌発酵エキスのサプリメントも紹介させていただきます➡乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス
善玉元気

 

ゼリータイプでポリフェノールも含まれていますが、主成分がなんと短鎖脂肪酸でできたゼリーです。

 

腸内環境が善玉菌優位になると、若さを保つことは簡単です。

もっと言えば、加齢臭やワキガ、匂いに関するトラブルはなくなります。

また、血液がサラサラになり、糖分や脂肪分の吸収を抑え速やかに排出するためメタボ改善にものすごく高い効果が見込めます。

がん予防や、成人病、さらにうつ病予防にもつながります。

更年期障害で最も多い悩みが、鬱、無気力、自律神経失調症といった精神的な問題です。

 

これは脳で生成されるセロトニンが減少するからと考えられています、しかし、腸内の環境が変われば、乳酸菌がセロトニンの前駆体を腸で生成して、血液を通じて血液関門を通過して脳に届くため、結果的にセロトニンが増えるということが実証されています。

 

若返り、アンチエイジング、若さを保つ秘訣は活性酸素にあり、そして腸活で解決できるという事実は今後さらにメジャーになっていくと思います。

乳酸菌発酵エキスのサプリメントがゼリータイプに!

乳酸菌発酵エキスとは、主に有機栽培された大豆から抽出した豆乳に乳酸菌を繁殖させたもので、乳酸菌が育ちにくい環境であえて作り出し、胃酸によって死滅しやすい乳酸菌を胃酸に負けない乳酸菌発酵エキス(乳酸菌生成エキス)として腸まで生きたまま届けられる上、有効成分や吸収力も通常の乳酸菌よりも優れているというものです。

 

この乳酸菌生成エキスの発想自体は80年ほど前からあり、藤田博士や新谷博士によってさらに有名なものになりました。

ヨーグルトや通常の乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌では胃酸でほとんどが死滅してしまいます、しかし、乳酸菌の死骸でも整腸効果や便秘解消効果は幾分かは得られます、ただし残念ながら免疫力向上やがん予防、若返りといった目的の腸活(菌活)には適さない(または不十分)と言われています、

 

唯一本格的な腸活としては乳酸菌発酵エキスをサプリメントで摂取することで、体質の根本改善をも見据えた腸活が可能になるというものです。

 

そんな乳酸菌発酵エキスが毎日手軽にゼリースティックでサプリメントとして摂取可能になりました。



zeryヨーグルトや乳酸菌サプリメントでは決して実感できないレベルでの腸活の効果を得ることができると話題になっています。

 

乳酸菌発酵エキスによる驚きの腸活の効果は、便秘改善や吹き出物の予防だけでなく、うつ病改善やがん予防、血液をさらさらにし、免疫力が向上するというものです。

 

一般的には摂取がむつかしいと言われている短鎖脂肪酸が主成分ですので、がん細胞の成長を食い止める働きも期待できます。

 

乳酸菌自体は人それぞれ向き不向きの種類や量、性質が異なりますが、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントでは効果や実感にばらつきがあるのはこのためと言われていますが、乳酸菌発酵エキスなら生きたまま腸に届き、さらに自分に適した乳酸菌を増やすことができますので、そんな方でも大きな効果を得ることができます。

 

乳酸菌発酵エキスは乳酸菌生成エキスと言われる所以です!

 

いままで自分なりに腸活を実践してきたけれど、効果が今一、

あるいは一定の効果は得られたけど、それ以降は効果に停滞を感じているという方はぜひ試しに乳酸菌発酵エキスを試してみてください。

 

漠然とした効果ではなく、はっきりと効果を感じることができます。

 

40代、50代と年齢を重ねるにつれて、腸内環境は悪玉菌優位になってきています。

 

これらが不調や体臭、気力の低下、成人病、、、あるいは免疫力低下によるインフルエンザや風邪にかかりやすいといった不安やアレルギーが悪化したという原因はほぼ腸内環境の悪化が原因と考えられます。

 

脳で作られる幸せ物質であるセロトニンもその前駆体は腸で乳酸菌により作られているほどです。

 

ほぼすべての病気、不調の根本原因が腸内の細菌によるものです。

反対に腸が元気になれば免疫力が向上し、血液がサラサラになるため万病を予防することができます。

 

そんな効果を期待できる腸活は、乳酸菌発酵エキスにより初めて実現できるのです。

ヨーグルトを何十個食べても高い乳酸菌サプリメントを食べても効果が得られなかった方は多いと思います。

 

そもそも胃酸で死滅して腸まで届いていなかったので無理もありません!

それでも便秘解消や多少の整腸効果は得られるのでついつい腸活していると錯覚して続けてきている方も多いと思います。

 

しかし、本当の腸活の成果はそんなものではありません!

 

全身の血液がサラサラになり、免疫力が急激に向上し、抗酸化作用も強くなりますので肌はもちろん内面的にも30は若返ります。

 

乳酸菌発酵エキスを使った腸活は継続も重用ですが、ゼリータイプでするっと食べるだけですので簡単に続けられます。

 

正しい腸活の方法はこちらでさらに詳しく確認できます。➡【善玉元気】

 

 

腸活の効果を最も大きくする方法について!

腸活、菌活などと呼ばれ、腸内環境を整えることが万病を遠ざけ、精神的にも幸福感が得られるといった効果が期待できるとして急激に腸活実践者が増えています。

 

しかし、腸内環境を改善することで具体的にどういった恩恵が受けられるのか?についてと、ヨーグルトを食べることだけでは決して得られない、本当の腸活の効果とそれを実践する方法についてまとめてみました。

 

まず、腸活をすることでこんな効果もあるのか、と驚くような腸活の効果について簡単に解説します・

がん予防、がん治療・・・腸内の乳酸菌が増えることで水溶性食物繊維から短鎖脂肪酸に代謝することで抗酸化作用が強くなりがんを予防できる。

また、がん患者が食事療法でブドウ糖、グルコースの元になる食事を断ち短鎖脂肪酸を増やすことで癌細胞の餌になるブドウ糖を無くし代替えエネルギーとして短鎖脂肪酸を利用する体質にすることでがん細胞が成長しない、という食事療法が代表的です。

 

腸活することで体臭、加齢臭、ワキガ、便臭、口臭などの匂いに関するトラブルを無くすことができる。・・・すべての匂いの元は腸で作られます。

口臭にしても、悪玉菌により発生した腐敗臭、便臭は腸壁から血液に吸収され肺でガス交換されることで息に混ざります。

同じように悪玉菌により発生した不純物、老廃物がアンモニア微量金属類。硫化水素として血液に交じり、汗腺を通して排出され、皮膚の常在菌によりさらにきつい臭いになる、、、というのが加齢臭やワキガの原因です。

腸内環境において悪玉菌と善玉菌のバランスは40代以降から急激に悪玉菌優位になっていきますので体臭や加齢臭が強くなるのも一般にこの時期からです。

また、若年でワキガに悩む人も多いですが、遺伝的に腸内細菌と汗腺、皮膚常在菌の条件が臭いがきつくなる条件を引き継いでおり、このためワキガで悩むというケースも多くあります。

腸活することで善玉菌優位の腸内フローラを構築でき、匂いに関する悩みは大きく軽減、または完治すると言われています。

 

便秘、吹き出物、肌荒れ、ニキビ、年齢肌改善効果・・・腸がきれいになると血液がサラサラになり血液に含まれる老廃物や不純物も減ります、血液がきれいになると体中の毛穴から出る汗や皮脂、分泌液の不純物も減り、本来の機能を果たす以外、毛穴を詰まらせたり、肌を酸化させたりする要素は激減します・

 

うつ病、自律神経失調症、パニック障害などの精神的な病気の治療・回復・・・・・セロトニンという成分が大きく作用されるこれらの疾患はセロトニンの不足が大きな原因と言われています。

腸内の善玉菌である乳酸菌が増えると、脳内のセロトニンを生成する前駆体が乳酸菌により作られ、血液関門を通過できる形で脳に届くためセロトニンの分泌が安定するという理由です。

実際に腸活でうつ病を治療するという試みは始まっているそうです

 

大きく4つ挙げてみましたが、インフルエンザ予防や風邪予防、花粉症などのアレルギー予防にも腸活により免疫力が強化されることで効果は得られます。

しかし、これらの効果は正しい腸活を長期実践&継続して得られるものです。

最近話題の各メーカーのヨーグルトだけではここまでの腸活効果は難しい、というよりも皆無に等しい場合もあります。

理由としては、乳酸菌は胃酸に弱く腸に届くまでに死滅する、という理由と、ヨーグルトの乳酸菌の量では腸活レベルでは通用しないということです。

単なる便秘改善やそのヨーグルトの得意の効果は得られる場合もありますが、死滅した乳酸菌でも腸内で善玉菌を増やすことができるものや、人の拠っては相性が良かった場合など一時的に効果は得られる場合もあります。

 

しかし、乳酸菌の必要量を考えれば毎日10個以上のヨーグルトが必要になります。

 

腸活についてのスペシャリストである新谷博士や藤田博士も乳酸菌はそのままでは胃酸で死滅してしまいますので、腸活として本格的な腸内環境を変える気なら乳酸菌生成エキスの摂取が有効であると言っています。

 

乳酸菌発酵エキスとは

乳酸菌が育たない環境で(豆乳の中など)あえて長期間かけて発酵させたいわばスーパー乳酸菌のこと!

乳酸菌生成エキスは乳酸菌発酵エキスともいわれ胃酸で死滅せずに腸内まで生きて届き、腸で有効成分を血液に吸収しやすくする特徴を持っているそうです。

 

乳酸菌発酵エキスを毎日一定量摂取することで急激に体内のエネルギー体系が変わり、免疫力が強化され血液がサラサラになり、身も心も30歳若返る力を秘めています。

 

乳酸菌発酵エキス(乳酸菌生成エキス)を毎日簡単にゼリーで摂取できる商品もあります➡乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス
善玉元気

 

正しい腸活を継続できれば大抵の体の悩みや精神の悩みは改善・予防できます。

癌を強力に予防する短鎖脂肪酸が主成分の乳酸菌サプリ『ゼリータイプ』

baio短鎖脂肪酸は癌の餌になるブドウ糖を減らした場合の代替えエネルギーとなると同時に抗酸化作用が高く癌細胞そのものを予防、萎縮・消滅させるという注目の成分です。

 

40代以降になると次第に腸内環境が乱れ、善玉、悪玉に分かれる腸内細菌のうち悪玉菌が増えることで、水溶性食物繊維を摂取しても短鎖脂肪酸の数は極端に増えるということはありません。

 

水溶性食物繊維から短鎖脂肪酸を分解生成するのは腸内に棲む乳酸菌の一部が重要な役割を担っているからです。

善玉菌の代表でもある乳酸菌が腸内で十分な量がなければ短鎖脂肪酸は増やすことはできません。

これらの理由で、ダイエットや便秘解消という理由からだけでなく、成人病予防、がん予防などを目的に腸活(ヨーグルトや乳酸菌サプリで腸内環境を整える活動)を実践する方が急激に増えています。

一般的に、短鎖脂肪酸を増やす最も効果的な方法は短鎖脂肪酸の原料となる水溶性食物繊維を多く摂取し、腸内環境を整え、乳酸菌の量を増やすことが重要になります

これは癌患者の食事療法としてそのまま用いられている手法ですが、短鎖脂肪酸は匂い、味、吸収の問題から直接摂取は難しく、乳酸菌と水溶性食物繊維を多くとるという方法で短鎖脂肪酸を増やす試みというのが一般的な方法といえます。

『短鎖脂肪酸の摂取が簡単に!』

乳酸菌サプリメントやヨーグルトを毎日食べるよりも簡単に効率よく短鎖脂肪酸を増やし、乳酸菌も同時に摂取できるゼリータイプのサプリなら、短鎖脂肪酸そのものも摂取しやすく、乳酸菌が豊富な数と種類が含まれていますので、がん予防、成人病予防、がん治療、免疫力強化に最も適した腸活が可能です。

ゼリータイプの乳酸菌➡乳酸菌が生み出した乳酸菌醗酵エキス!TVでも話題の短鎖脂肪酸を豊富に含んだ美容と健康エキス
善玉元気

 

本格的な腸活は継続することで体のエネルギーシステムの根本を替えることが可能になります。

糖質・ブドウ糖・グルコースが一般的なエネルギーシステムの原料になっている我々は、同時にがん細胞、酸化物質の餌となるエネルギーを代謝して生きていると言い換えることができますが。

 

腸内環境を改善し、短鎖脂肪酸を増やすことで、アミン・短鎖脂肪酸がブドウ糖に代わる原料として体内のエネルギーシステムを確立し、抗酸化作用を全身に巡らせることが可能になり、がん細胞・がん細胞のもとになる酸化物質が体の中で活動できなくなります。

 

そしてこの短鎖脂肪酸メインのエネルギー形態の実現は腸活の継続を実践することで可能になるわけです。

 

しかし、腸活を始めるにあたって、乳酸菌サプリメントやヨーグルトを選ぶ場合は非常に注意が必要です。

 

なぜなら乳酸菌は個人個人棲んでいる種類が違うということと、摂取する量が重要になってきます!

 

ヨーグルトの場合は多くても一パック中に100億個の乳酸菌がありますが、じつは腸活において必要な乳酸菌量は一日に2から3兆個の乳酸菌が必要と言われています。

 

又、いきたまま腸に届くか届かないかは効果が大きく作用する部分ですが、腸まで生きたまま届くと言われている乳酸菌でも実際はその人に合わない乳酸菌であるため棲めなかったり、胃酸で死滅する場合も多いそうです。

 

別に生きたままでなくても腸で乳酸菌の死骸はさらに乳酸菌を増やすという研究結果もありますが、腸活の効率面ではあまりよくありません。※ダイエットや整腸、便秘解消には十分通用する場合もありますが、、、、

 

そこで考えられたのがバイオジェニックスという手法です

これは乳酸菌を発酵エキスに変えて腸まで届ける方法ですが、この方法なら最も効率的に乳酸菌を増やし、腸壁から有効成分を吸収するのにも適しています。

 

短鎖脂肪酸も直接摂取することもでき、乳酸菌も増えますので、糖分を控えることで短鎖脂肪酸をエネルギー媒体とした体を作ることができます。

 

そして、ゼリータイプで摂取しやすい作りがしてあるので、継続しやすく、外出時でも簡単に摂取することができます!

 

この簡単に継続ができることは腸活においてかなり重要な部分になりますので、腸活サプリを選ぶときは続けられるかどうかを考慮することは腸活成功に大きく関与します。

zery

 

短鎖脂肪酸の効能効果は多くのテレビ番組でも取り上げられていますが、水溶性食物繊維の摂取を増やすことは紹介されていますが、優れ乳酸菌を増やし、継続しやすい方法はあまり紹介されていません。

 

もしこれから本格的な腸活を始める場合の参考にしてみてください。