ムズムズ脚症候群とADHDの症状と関係性について!

ADHDとは、一般には、多動・不注意・衝動に代表される3つの精神的状態からくる行動を伴う一種の精神疾患と考えられていますが、ムズムズ脚症候群との関係について調べてみました。

なお、ADHDは子供が比較的多いと考えられがちですが、年齢に関係なく平均して見られる症状です。

ADHDについて触れている記事の多くは@引き出しを開けたら何を探していたか忘れる。@じっとしていられない。@人格不安定。@とにかく落ち着きがない、などについて解説しているものが多いように思いますが、こういった症状だけで自分は、あるいはお子さんはADHDかもしれないと考えるのは少し危険です。

ここではムズムズ脚症候群の症状とADHDの症状を例に解説したいと思います。

ムズムズ脚症候群とは

聞きなれない言葉ですが、日本人の25人に一人はムズムズ脚症候群だと言われています。

ただ、脚がムズムズするのが代表的な症例ではありますが、胸(特に授乳中など)やお尻、首など、神経が密集している部分に多く発症するので別に足だけではありません。

症状がひどくなると、電車で座っていられない、仕事中も集中できない、夜寝ていると虫が這うような錯覚で目覚めてしまう。というような症状です。

一見、ADHDと感じてしまう症状が毎日続くわけですから、ついつい落ち込んでしまう方も多いのが現実です。

しかし、ムズムズ脚症候群に陥る原因はほぼ解明されており、神経伝達物質であるドーパミンが誤信号を発している弊害ということだそうです。

ちなみにムズムズ脚症候群の治療で最もふさわしいのは神経科です。

ドーパミンは神経伝達物質と言われていますが、このドーパミンの正常化、維持には鉄分が大きくかかわっているそうです。

鉄分はただ沢山摂取すればいいというものではなく、ドーパミンを正常化するにはホルモンや自律神経が大きくかかわっているそうです。

普段の食事で鉄分をしっかり補っていても、ストレスや体調、妊娠などの影響でムズムズ脚症候群になってしまう場合もあります。

ここで話を戻すと、ムズムズ脚症候群とADHDは全く異なるものなので、自分は(子供は)ADHDかもしれないと落ち込むこともなければ、過剰な対策をする必要もないということです。

ムズムズ脚症候群に関してだけなら、緩和する程度なら市販のクリームで十分対応できる時があります。≫≫むずむず脚専用マッサージクリーム【HQLスムージングマッサージクリーム】

授乳中でも使える天然成分だけの塗るだけの鉄分補給&ドーパミン正常化が実証されているクリームですのでお試しください。

ADHDは、なんか重い病気のような呼び名に感じますが、大抵の子供は落ち着きがなく、情緒不安定の人も結構日常で見かけます。

実際、ADHDとそうでない人の境界線は医師も見分けられないと言います。あまり深刻に考えずに一つ一つの症状にスポットを当てて、一つづつ解決していくのが一番確実で早い場合が多くあります。