ラロッシュポゼトーンアップの成分@紫外線吸収剤は意外に多いUV対策!本当に敏感肌でも大丈夫?

成分表には数種の紫外線吸収剤とアルコール類

PR:飲むだけでUV対策&美白対策

ラロッシュポゼトーンアップUVイデアXLプロテクショントーンアップの成分には数種類の紫外線吸収剤とエタノールが含まれていました!

成分表

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、スクワラン、グリセリン、ドロメトリゾールトリシロキサンテレフタリリデンジカンフルスルホン酸、PG、変性アルコール、TEA、DPG、マイカ、ステアリン酸、セチルリン酸K、トコフェロール、ナイロン-12、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、水酸化Al、BHT、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、BG、シアバター油粕エキス、カプリリルグリコール、カルボマー、セタノール、硫酸Ba、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、EDTA-2Na、エチルヘキシルトリアゾン、ステアリン酸グリセリル、イソヘキサデカン、ミリスチン酸、ボタンエキス、パルミチン酸、ステアリン酸PEG-100、フェノキシエタノール、ポリソルベート80、ソルビン酸K、塩化Na、ココイルサルコシンNa、オレイン酸ソルビタン、サーマスサーモフィルス培養物、トロメタミン、キサンタンガム

赤文字が紫外線吸収剤

敏感肌でも大丈夫?

敏感肌は避けたほうが無難という結論に!アレルギーまでとはいかなくてもアルコール類の影響ですぐにニキビや吹き出物ができる人、紫外線吸収剤でひりひり感や肌に違和感が感じたことがある人はまずはアマゾンや楽天で売っているサンプルからお試しすることをお勧めします。

塗ってすぐにトーンアップ出来て、SPF50、PA++++という数値がウリ

敏感肌でも使える安心の低刺激設計ということですが、あくまで低刺激設計というだけで刺激物を不使用という訳ではありません。

また、紫外線吸収剤と聞くだけで肌に悪いという訳でもなく、紫外線と反応して紫外線の毒性を使い果たすことで皮膚には届きにくくするというものですので、使う量や塗り直しの回数にも皮膚への負担は大きく左右されます。

紫外線吸収剤の見分け方

さて、紫外線吸収剤とは?ということになりますが、これからの季節、敏感肌の人にはUVケアを選ぶときには大きなテーマになると思います。

しかし、紫外線吸収剤とは一つの成分という決まりではなく、紫外線を取り込んで反応を起こす成分であればすべて紫外線吸収剤ということになりますので、これが紫外線吸収剤という決まりはありません。

UVケアの数値が高いほど、この紫外線吸収剤は濃度が濃く配合されている傾向がありますので敏感肌の方は注意が必要になります。

紫外線吸収剤でニキビは増える?

紫外線吸収剤そのものと、紫外線に反応してできた酸化物が毛穴を閉じてしまうことでニキビが出来やすくなります!

また、UVクリームにはほとんど含まれるアルコール類は皮膚の水分を蒸発させてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまうことで、毛穴を塞ぎニキビを作るということも多くなります。

塗るという性質上、日焼け止めにはある程度のデメリットがあることを覚えておくといいと思います。

紫外線吸収剤は肌荒れの元?

紫外線吸収剤が直接肌荒れの原因ということは稀ですが、紫外線と反応した結果、刺激物や酸化物に代わり、肌を傷めたりダメージを与えることで肌荒れを引き起こします。

紫外線からのダメージをガードしていても、そのガードしているものがダメージを発していては本末転倒という人も最近では増えましたが、UVケア商品の永遠のテーマかもしれません。

アレルギー体質の人はUVケアはとにかくお試しから

紫外線吸収剤に限らず、コーティングすることで光を反射して紫外線ダメージを抑えるものや、ラロッシュポゼのようにトーンアップ効果があり敏感肌でも使えるほどの低刺激成分で構成されているものもありますが、UVカット効果は2時間から4時間で大きく低下しますので、こういった商品は何度も塗り重ねる必要があります。塗り重ねているうちに必ず刺激物や酸化物が増えるようにできていますので、UVケア商品は慎重に選んで慎重に使う必要があります。

特に年齢肌の場合は、UVによるくすみやシミ、紫外線ダメージ以外にももともとのバリアー機能も弱っていますのでUVケア商品を使ったがために思わぬスキントラブルに発展することもありますので注意が必要です。

一般的には日傘や、マスク、帽子などで十分に紫外線カットし、紫外線吸収剤とは無縁の化粧品を使っても十分に奇麗な肌は維持できますので、無理にUVカットを多用する必要もないと言える生活を送ることの方が大切です。

どうしても、UVカットが必要な場合はラロッシュポゼトーンアップといった低刺激を謳っているものを注意しつつ使うようにしてください。