オキシドールで歯の漂白@正しい方法と後悔しない予備知識!歯が溶けてもろくなるって本当?歯科医の見解!

オキシドールは過酸化水素水を3%含有する市販薬です。効果効能には傷の消毒殺菌、耳鼻咽喉の洗浄消毒、歯の洗浄というふうに歯の洗浄も可能であることが示されています。

使い方は歯の洗浄の場合は原液か2倍に希釈したオキシドールで拭く、塗ると書かれていますが、ホワイトニングは可能でしょうか?詳しく調べてみました。

過酸化水素水は歯科医のホワイトニングでも使われる

オフィスホワイトニング(歯科医でのホワイトニング)には35%以下の過酸化水素水が使われます。

ちなみに自宅用のホワイトニングには一般には過酸化尿素が使われますが、過酸化尿素も化学反応の過程で過酸化水素に成りますので濃度の違いは大きいとはいえ歯のホワイトニングには過酸化水素水が使われるということになります。

過酸化水素水が歯を白くする仕組み

歯を白くするわけではなく、過酸化水素水が化学反応を起こす過程で酸素と水になります。この過程で歯に付着しているステイン汚れと結びついて酸素を発生するため、結果的にステイン汚れが無色化されて白くなるという仕組みです。

オキシドールで歯が溶ける?

歯科医で用いる35%以下の過酸化水素水でも10分×3回といった小分けにして治療するわけですが、歯の一番外側のエナメル質と化学反応を起こす訳ではないので、歯が溶けるということは無いそうです。

市販されているオキシドールは3%の濃度ですので歯が溶けるという心配はありませんが、エナメル質を気づ付けるというリスクはどうしても無くなりません。

また、歯科医でのホワイトニングも毎日はできませんし、知覚過敏や歯に欠けがある場合、亀裂がある場合などもできません。

ちなみに妊娠中や授乳中もこの方法でのホワイトニングはできません。

オキシドールを使ったホワイトニングは体に悪い?

オキシドールそのものは目に入れる、飲む、ということをしない限り比較的安全な消毒液ですが、歯の漂白を自宅でオキシドールを使って行うときは念のため少時間、少回数から始めたほうが無難です。

市販されているオキシドールは3%と濃度が低く、一回のホワイトニングで実感できる効果は僅かですが、効果を急ぐあまり長時間付着させたままとか、口に含んだままということは避けましょう。

自宅で毎日、安全に歯の漂白ホワイトニングをする方法

前述のとおり、家庭で自宅でオキシドールを使って歯の漂白を行うことは、ある程度のリスクはある割に、肝心の効果が高いとは言えません。

歯科医で35%以上の過酸化水素水で使って歯のホワイトニングする場合でも一回では十分な効果は得られないケースもあります。

市販されているオキシドールは3%の濃度ですので、効果が実感できなくて当然と言えば当然です。

それでいて最もオキシドールを使った歯の漂白のデメリットは毎日できないという点です。これは個人の自由意思ですが、後悔したくないなら毎日は避けるべきという考えからです。

今、注目されている自宅でできて、効果も高く、安全に毎日できる歯のホワイトニングはオキシドールを使わずに光と金属の反応(光触媒)を使った歯のホワイトニング方法です。金属といっても安全性の高い金属粒子を歯磨き粉に含有しLEDによる光で光触媒効果を得るというホワイトニング方法です。

お勧めはこちら

歯科医も推奨するLEDホワイトニング

結局、自宅で一般の素人がホワイトニングを行う場合、要求されるのは安全性と毎日行えるかどうかという点です。

なぜなら、ステイン汚れと言われる着色汚れは、毎日、飲む食べるという行為により多かれ少なかれ発生することになります。

タバコのやに取りという視点だけでなく、歯を白く保つという視点で考えた場合は、どんな効果が早くて強力なホワイトニングよりも毎日行えるほどの安全性とステイン汚れの分解効果の高さの両立が不可欠です。

色素汚れはコーヒーやお茶だけではありません。野菜や果物、お肉、穀物、はっきり言ってどんな食べ物、飲み物にも色素は含まれているものの方が多いのです。毎日の歯磨きだけでは綺麗に色素が分解除去できないからこそ時間と共に歯が汚れてくるわけですので、長い目で考えれば、歯磨きしながらホワイトニングできるものや、毎日ステイン汚れを除去できる自宅でのホワイトニング方法を所持しておくことは、ずっと歯を白く保つ一番の秘訣と言えるかもしれません。

今話題のLEDを使った自宅ホワイトニングシステム一覧

DIEM

オーガニック歯磨き粉のトップブランドがLEDの自宅ホワイトニングキットを始めました!販売開始で品切れ状態です。

すこやか自慢

酸化タングステン配合で歯のステイン汚れをLEDの光触媒で白く導きます。0円スタートが可能です。

ビースマイルLED

酸化チタンとLEDの光でステイン汚れを分解します!LEDを使った光触媒型歯のホワイトニングの販売ではビースマイルが一番最初ぐらいではないでしょうか。

そういう意味では実績もあり、すでに10万個以上販売実績を持ちますのでこれから始める人にはお勧めです。

オーガニックが好きな人はDIEMといったところでしょうか。

しかしビースマイルはホワイトニング後のコーティング効果も強い為、歯に汚れが付着しにくくしてくれます。

それでもオキシドールで歯の漂白をする?

確かにオキシドールはどこの家にもあり安価で漂白効果も高いと感じます。しかし、歯のエナメル質を傷つけるリスクは払拭できず、歯茎や歯自体の損傷がある場合や、長期、長時間の使用はオキシドールを販売する製薬会社ですら推奨していません。

口に入れるならなおさらですね。

それでいて過酸化水素水の濃度は3%という低さですので、歯のホワイトニング効果がそれほど高く即効性があるわけでもありません。

極めつけは、我々の歯は、毎日ステイン汚れが付着する!ということです。それならば安全で毎日使っても安全な自宅でのホワイトニング方法を早めに手に入れておきませんか?