ケラチナミンでデリケートゾーンの黒ずみを消すことができる?尿素の実力と危険性@

PR:デリケートゾーンの黒ずみを安全に素早く解消する新技術!

ピンク

さて、ケラチナミンに含まれる尿素について黒ずみケアにどのように作用するのかを調べてみましたので紹介します。

ケラチナミンに含まれる尿素20%は尿素配合軟膏の中でも最高配合といえる含有量ですが、ケラチナミンはひざやひじ、かかとなどの乾燥が原因によるひび割れや老人性乾皮症を主にワセリンベースの尿素配合クリームによってたんぱく質の結合を緩めて保湿維持しやすくすることで元の柔らかい健康な肌に導くのが目的の軟膏です。

添加物により抗炎症作用や若干の殺菌作用はありますが、メインの効能としては尿素による肌を柔らかくして保湿するというものといえます。

ケラチナミンでケアできる黒ずみの種類@デリケートゾーンには向き不向き?

ケラチナミンのたんぱく質の結合を緩めるという、いわゆる皮膚を柔らかくするという効果は、くすみに代表される古い角質が残留してトーンが暗くなったくすみ系黒ずみ解消には効果を発揮します。

しかし、メラニンによる黒ずみや股ズレによる色素沈着、などデリケートゾーンの黒ずみに多く見られる原因にはダイレクトに作用しませんので、期待しすぎてのケラチナミンの多用は禁物です!

後述しますが、ケラチナミンの多用は思わぬ肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

ビタミンC誘導体や過酸化脂質を抑えて血流を良くするビタミンE、あるいは安定型ハイドロキノンや最近の美白にはメジャーなトラネキサム酸など配合の化粧品で黒ずみを美白しながらデリケートゾーンは皮膚の薄さが広範囲にわたりインナードライになりがちな部位ですので一般の保湿化粧品よりも、浸透持続型の保湿化粧品で24時間体制で保湿していく必要があります。

なお、これらを加味すると、ケラチナミンの保湿効果は非常に魅力的ですが、デリケートゾーンの黒ずみを長期間ケアするためには尿素のたんぱく質軟化作用がネックになり使い続けることには不向きなため、くすみを取る目的で定期的にケラチナミンを使用するという感覚が望ましいと言えます。

ケラチナミンの尿素の危険な性質とは?

デリケートゾーンのくすみを取るのにケラチナミンは手軽に使える黒ずみケアになりえますが、たんぱく質の結合を緩めるということは、多用することによりターンオーバーをどんどん早めることになり、常に未成熟な皮膚が維持されるという状態に陥ることになります。

こうなると

デリケートゾーンの場合は、股ズレや衣類の擦れにより、普段よりバリアー機能が弱い状態になると免疫物質でもあるメラニンが過剰生成される危険性もあります。

常に未成熟な肌表面ということですので、ぶつぶつが出来やすくなったり、痒くなったり、黒ずみが悪化するという逆の効果へ向かうことも十分考えられます。

デリケートゾーンだけに限らず、ケラチナミンを本来の効果効能目的以外に使う場合は慎重さが必要になります。

あくまでひび割れや角化症の治療薬ということを意識してください。

最近では尿素配合の顔用の化粧品はほとんど姿を消したのもこういった理由によるものです。

デリケートゾーンの黒ずみを早く消す方法

ハイドロキノンやトラネキサム酸などの美白成分を考慮するだけでなく、インナードライ向きの保湿成分を選ぶようにしてください。

浸透保湿ということになると思いますが、ここを間違えると効果が早く出るどころか、一度反応しやすくなったメラニンはブライトニングだけでは抑えることは難しいと言えます。

保湿維持することでメラニンの生成を抑えることができますので、ここに注意して美白するようにしてください。

効果が早い美白化粧品(特にデリケートゾーン専用)は徹底した保湿によりメラニンの生成を抑えることに重点を置いています。

 

コメントを残す