バサバサ髪に効くシャンプー&トリートメントの仕方と注目成分!

バサバサ髪はシャンプーとトリートメントに気を遣い、尚且つシャンプーの仕方を改善することで大きく改善できます。

シャンプーの仕方に注意

正しいシャンプーの仕方お手順、注意点

1.ブラッシングはシャンプー前に必ずすることが重要
ブラッシングを行うことで、頭皮の血行が良くなるだけでなく、髪に付着したほこりや毛穴の皮脂、老廃物がある程度摂れるか、シャンプー時に取れやすくなります。

まさにこのひと手間でシャンプーの持つ性能を最大限引き出すことが可能。
静電気の少ないウッドブラシなどを使うと髪の毛への負担も軽減します。

2.濡らす
濡らすだけではなくすすぐ感覚で2,3分かけてしっかり濡らしましょう。このすすぎの段階で髪の汚れは70%以上落ちます。

3.シャンプーをつける
シャンプーはしっかり泡立ててから髪につけるのが基本、泡は髪と髪の摩擦を防ぎ、髪の痛みの原因になる摩擦による消耗を防ぎます。バサバサ髪は泡をしっかり意識することで大きく改善できます。

4.すすぐ
洗い残しがないように十分すぎるくらい洗い流します。

@二度洗いはあまりお勧めしません、髪に余計な負担をかけるためにバサバサになりやすくなりますが、二度洗いをする場合は一回目より半分ほど少ないシャンプーで軽く洗う感じで、、、

以上が、基本的な正しいシャンプーの方法ですが、バサバサになる人の多くはシャンプーの洗浄力が強すぎるか、この正しいシャンプーができていない人が多いようです。アミノ酸系の洗浄剤のシャンプーで石油系の界面活性剤入りのシャンプーは避けたほうがバサバサ回避には良さそうです。

バサバサを短期で改善したい方は馬油シャンプー&トリートメントセットはおすすめです。➡

バサバサに効く正しいトリートメントの手順

効果的なトリートメントは髪の不足しがちな栄養を補いバサバサを改善します。

1.水気を軽く切る

2.髪の毛にトリートメントをつける
なるべく地肌につかないように気を付けます。シリコン系の成分が含まれる場合は特に地肌につけすぎないようにすることが大切です。シリコンの粘着力でほこりや老廃物を吸着し毛穴を狭くして髪自体の腰を無くし、ばさばさの大きな原因になります。

3.時間をおく
特にダメージが気になる時は2〜3分ほど時間をおいてください。ゆっくり湯船につかる人が多いようですが、髪は湯船に付けずに、トリートメントは髪の不足したキューティクルを補う効果もありますのである程度の時間は必要です。

4.すすぐ
シャンプーと同じくらい、洗い残しが内容に十分にすすいでください。

★髪の毛の乾かし方
タオルで髪の水分を拭き取ります。ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。
ドライヤーは、頭皮から15cm以上は離し、熱風が一ヵ所に集中しないようにします。
髪が濡れたままの就寝は、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮をいためてしまいますので必ず乾かしましょう!バサバサになる大きな原因の一つに、自然乾燥を習慣にするということもありますが、髪は本来フィルターの機能もありますので空気中のほこりを吸着しやすくなりばさばさになる原因にもなります。サラサラになるまで乾かす習慣にしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です