銭湯で水虫をうつされる習慣からの脱却!

私は銭湯が大好きです

スーパー銭湯もしかり、昔ながらののれんの銭湯にもわざわざ車で通っています、家でお風呂に入る日もありますが、ほぼ毎日銭湯でくつろぐことを一日の疲れを癒す習慣にしています。

この銭湯ですが、知っている人は知っていると思いますが、水虫を持って帰ってくる確率が非常に高いんです。

それもそのはず、裸足でうろうろするわけですから、中には水虫を持っている人だって必ずいます。

水虫菌は暖かいところを好むそうですが、銭湯の床は暖かいし湿気も十分で水虫菌が増殖するには格好の場所なのです。

そんな床やマット、スリッパなどなど毎日使うわけですから水虫になるわけですね!

水虫の薬は持っていますが、まさにいたちごっこ。

そこで、完全に水虫とおさらばデキて、銭湯に通うのも怖くない方法を見つけました。

使ったのはコレ⇒女性用

これは薬ではありませんが、毎回優しく殺菌してくれて、皮膚に水虫菌が入ってこないようにバリアーしてくれるクリームです。

これは手放せません!!

銭湯、スポーツクラブ、あるいは図書館や不特定多数の人が利用する施設、スリッパをはく施設、どこでも水虫の危険はあります。

反対に今ある水虫を他人に移している可能性も高いので、水虫がなかなか取れない人は根本治療してみてはいかがでしょうか。

 

家族にもうつしてしまうことになるので、水虫は自分だけの問題ではありません。

市販の薬は殆どが消毒、殺菌のみ!

これが実はいけないんです。

銭湯で毎回うつされて気づきましたが、薬を使うほどに皮膚は弱くもろくなっていきますので、次にうつされたときは痒みや症状が酷くなるんです。

抵抗力が弱るせいかもしれません。

市販の薬は、一切今後銭湯に行かずに、気を付けて完治するまで家にこもりなさい!!

という意味の治療薬なんです。

その点、バリアー機能がある水虫薬は非常に重宝しますよ。

是非試してみて下さいね(^^♪

 

追伸

別に銭湯だけに限らず

水虫を繰り返すことでイラっと来ている人は同じような意味合いだと思いますので是非参考にしてみて下さい。

バリア型の水虫ケアが現代人には向いていますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です