首、顔に小さいほくろが増えてきた@皮膚科に行かずに奇麗に除去した方法!

顔や首、目元などに小さいほくろが増えてきて困っている方は以下を参考にしてください!年齢が40代以降ならほぼ当てはまると思います。

およそ2か月で無数の小さいほくろを綺麗に除去するのに使ったスキンケア

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

無数に増える顔や首筋の小さいほくろの正体は?!

kubiibo実はこれ首イボ、老人性イボ、脂漏性角化症、老人性疣贅、アクロコルドンなどと言われる角質粒です。(の場合が多いです)

老人性イボができる原因は、加齢による肌サイクル(ターンオーバー)の乱れによる皮膚のひずみ、ずれが原因です。

加齢と紫外線、衣類やアクセサリーの摩擦が主な原因で、シミの原因にもなるメラニンが同時に反応することも多くあるため一見してほくろのように見えます。

痛みがなく、痒みもないため急に増えると心配になることもあります。

※内側からくる痛みや違和感が強い場合は皮膚科での診断をお勧めします。

この増えた小さいほくろの治療方法、除去方法について!

この老人性イボは皮膚科では

炭酸ガスレーザーや液体窒素を用いて焼き切るか超低温で除去するのが一般的な皮膚科での除去治療です。

しかし、費用も掛かり、完治までの期間もかかる割には根本治療とは言えず、ケアをしなければ再発する確率も高い一時凌ぎの治療と言えます。

原因が老化や紫外線ですので、ケアをしないと簡単にイボ、ほくろができてしまいます。

ただ、皮膚科での治療が適したケースもありますので、大きさや数にもよりますが、一度診断を受けてみるのもいいかもしれません。

首イボを安全に除去する方法!

このほくろのような角質粒を自宅で毎日のスキンケアで除去することは可能です。

杏エキスやヨクイニン(ハトムギエキス)などに代表される天然のターンオーバー促進剤やピーリング効果を利用して、新しく生まれ変わってくる皮膚と同時に角質の塊を追い出すというケア方法です。

時には硬くなってしまっていたり、ターンオーバーだけでは押し出されてくれない場合もありますので、今ある角質粒を柔らかく角質が分解されてぽろぽろと垢の様に落ちてくれる状態にすることが必要です。

この効果を得るために、アプリコットカーネルオイルやハトムギエキスが適しているためイボ取りとして重宝されています。

毎日、広い範囲ケアすることで角質粒は徐々にぽろぽろと取れていきます。

市販のほくろ取りテープやイボコロリについて

イボコロリやほくろ取りは顔や首にはあまりお勧めできません。

一個や2個なら可能ですが、広い範囲はデリケートな皮膚の部分は注意が必要です。

実際にイボコロリは首には使用できないということが取扱説明書に記載されています。

あくまで首全体、顔全体のターンオーバーを改善することで自然に新しく生まれてくる皮膚でほくろがポロリと落ち、再発も予防できるという方法が適しています。っと皮膚科も言っています。

飲み薬、サプリメントで老人性イボを除去できる?!

イボコロリ錠剤があります、

これはヨクイニン錠のことで毎日飲むことで肌の生まれ変わりの正常化が期待できて首イボが無くなるという商品ですが、補助的な効果のような気がしました。

実際にスキンケアで塗り込んでマッサージするほうが今ある首イボにも作用させることができ、結果的に早くほくろのような無数の小さいイボを除去することができると思います。

併用はいいかもしれませんが、、、、

実際に効果が得られた期間について

思ったより早く目立たなくなりました。

艶つや習慣を毎日お風呂上りに顔と首筋に使い始めて1か月ほどで大分柔らかくなり、小さくなりました。

昼間のある時、首を掻くと垢が多いことに驚きましたが、皮膚の生まれ変わりが早くなったので垢が出てきたのだと思います。

2か月も続けたころには殆どほくろらしき角質粒は見当たらなくなり、目元のイボなんかはマッサージ中にポロリと落ちました。

ほくろのように見えた原因は、メラニンの黒さだけでなく、古い角質が残留することによるくすみが多いことが解ります。

黒いというよりも茶色系統ならほぼくすみによるものです。

このくすみも同時にケアできましたので、気持ち、トーンが上がりました。

実際の効果のイメージ

このページで紹介している艶つや習慣の効果のイメージです。

イボ取り 化粧品

実際にこのようになるほくろもありますが、大半は徐々に垢の様にぽろぽろ落ちてきますので中々実感は難しいですが、2か月も続けることで殆どのザラザラ、ぶつぶつはなくなります。

小さいほくろのようなものが無数にできてくると

最初は焦りましたが、原因と正しいケア方法を知り、実践することで、今までいかにスキンケアに疎かったかが分かり、反省すると同時に、ケアすることでくすみも取れてツルツルの首、顔を取り戻すことができました。

ほくろが一つではなく、小さいほくろが無数に首や顔にできてきた場合は

多分老人性イボの黒いバージョンのことが多いと思います。

年齢にもよりますが、茶色、黒という老人性イボは女性に多いようです。

紫外線ケアしていても、老化や摩擦によりできてしまうため、原因が分からず焦ってしまいがちの角質粒ですが、簡単なケアで奇麗に無くす、除去することができるので、皮膚科でレーザーや液体窒素を用いた治療をする前に数千円で私の様にセルフケアで除去することを試してみてはいかがでしょうか。

結局早く、きれいに、安全に小さい無数のほくろのような首イボを除去することができました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です